社内失業

社内失業とは会社に居ながら仕事を失っている人を指す言葉です。
リーマンショック以降に急激な景気の悪化をうけ社内失業が増えた事が問題視されています。
会社に勤めていて仕事を失うってどう言う事?と疑問に思う人もいるでしょう
会社に雇用されて出勤していても、職務に従事していない社員の事です
これは、一部のダメな社員が仕事をさぼっているわけではありません
社内で人材教育を受けられなかったために、
出来る仕事がごく限られたものだけになってしまう事が原因です。

1990年代、バブル崩壊後の不況を克服できず、政治経済改革も渋滞した期間は
失われた10年と呼ばれています。
中小企業では新人採用を控える傾向が続きました。
この事で後輩を育てて行く経験やノウハウが失われ
多くの企業で新人教育機能が麻痺し、
十分な人材教育を受ける事が出来ない新入社員が増えました。

更にリーマンショックにより社内で規模を縮小する部署が増え、余った人材が
今までの経験を活かせない部署に配属される事も増えました。

会社に貢献できる知識も技術もないまま、職場で放置される事となった社内失業は
20~30代の若い年齢層に直撃した問題という面でも深刻な社会問題となっています。
業務をこなしていく知識や技術の教育を受けていない→任せられる仕事が無い。
仕事が無い→成長する機会もなく、更に仕事が出来ない・・・
と言った悪循環から抜け出す事が出来ません。

反面、仕事が出来る社員にかかる負担は多くなります。
上司が教育しなくても仕事が出来る人間に仕事を任せる為
任された社員は、残業をしなければ処理しきれない程の仕事を任されます
同じ職場に忙しい人間と仕事が無い人間が居れば不満も大きくなる事でしょう。
一方で、教育を受けられなかった社員は、会社に貢献する事が出来ず
業績が作れないため給料も上がらない
仕事が無いために社内で人脈を作る事が出来ず孤立してしまいます。
やりがいを感じる事も出来ないまま居心地の悪い時間を過ごさなければなりません。
転職を考えようにも、まともな業務履歴が無いため踏み出す事が出来ない人もいるでしょう。

忙しい人間にとっては「仕事をする気が無い」「無能」などと偏見をもたれる事になり
そういった環境が、本来あった「やる気」を奪ってしまう結果を招きます。
こういった社内失業者はリーマンショック以降急激に増加しています。
不況が長引く中、リストラやサービス残業などの多くの労働問題が多く取り上げられ
社内失業の原因の多くは会社にあるにも拘らず、本人が原因だと誤解されてきましたが
深刻な労働問題の一つという認識を持つ必要があります。